レースに向いている競泳用水着

競泳選手にとって水着選びはとても重要になります。 特に、トップスイマーなどは、0.01のスピードを競う事になるため、なるべく水の抵抗を減らすために、 水着の記事も薄く、身体にフィットするものを選ぶ人が多くなっています。 競泳選手の多くは、レース用の水着と練習用の水着を使い分けています。 これは、レース用の水着は薄く、着脱も大変なほど身体にフィットするタイプのため、 耐久性があまりないため、練習で何度も使用するにはあまり向かないつくりになっているためです。

そのため、練習用にもレース用にも使用できる水着を選んで、練習している選手が多くなっています。 特にレース用の水着の場合、撥水加工を施す事で、水着に水が含まれて重くなるのを防ぎます。 撥水加工がしっかりほどこされていればいるほど、水の抵抗を少なくする事ができます。また、使われている素材も重要です。

従来の水着は、ニット素材を使用する事がほとんどですが、トップスイマー向けに使われている水着の素材は、 布帛素材を使用していて軽くなっているのが特徴です。 トップスイマー向けに作られた水着は、比較的金額も高くなるため、 一般の競泳用水着では物足りなくなった人が購入する傾向があります。